Yotaroom

絵や日常のゆるいブログ@野間与太郎

描きたい話


そらふねの浩輔と明日美

自分のキャラって、話が描き終わってから初めて愛着が湧いてきます;
一読者で自分の作品が読めるようになるからでしょうか?
二月に描き始めて、三月半ばで出来上がった「そらふねの窓から」は、
先週辺りにやっと客観的に読めるようになりました。
色々思うところも勿論ありますが、これを自分が描きあげたというのをあとでハッと思い出したとき、なんだか信じられませんでした。(自画自賛に聞こえるかも知れません; が、否定はしません。自分褒めるの大事…!)
そんな風に自分を驚かせられるようなお話を今後も描きあげたいです。
読者が感動するお話は作者も感動する、という言葉の意味が、少しわかった気がしました^^
あーー描きたい話いっぱいあるよーー幸せ!

 日記

0 Comments

Leave a comment